日本で浸透している小顔=かわいいという価値観は海外でも通じるのか?

「小顔=かわいい」とされるのは日本だけ?

日本では、男女共に“小顔は可愛さの基準”として認識されています。

 

しかし、海外の特に欧米やヨーロッパの美男美女に目を向けてみると、特別小顔であることはなく、むしろ骨格がしっかりとしている方のほうが多いです。

 

果たして小顔=かわいいというのは、日本だけの感覚なのでしょうか?
小顔の可愛さの認識について、各国の基準と比較しつつ紹介していきます!

 

海外での小顔の認識は?

仲が良さそうな外人カップル

 

突然ですが皆さん、自分の知っている海外の美男美女を思い浮かべてみてください。
自分が思う海外の綺麗な人のイメージでも良いです。

 

想像して気付くと思いますが、どちらかというと顔よりスタイルの良さを強調して思い浮かべてしまうのではないでしょうか。

 

「日本人離れした」という言葉もあるように、海外では私たち日本人が抱くイメージのようなスラっとした手足や適度に引き締まった筋肉などのスタイルに美の基準を求めることが多いです。

 

元々の骨格がしっかりしているということもあるので、顔の小ささにあまり焦点が行かないのも一つの理由。
確かに日本でも人気のミランダ・カーさんやテイラー・スウィフトさんは、顔の作りがしっかりしていますよね。

 

また海外の男性俳優やモデルは、日本のように可愛さで人気になるというより、やはり男らしさや色気で話題になる方が多いです。

 

“かわいい”の基準である小顔は、そもそも人気の理由としてあまり浸透していないのかもしれません。

 

そのため、日本人はかわいい人を見ると「顔が小さいね!」と褒めることがありますが、それを海外の人に向けて言うと「それって褒めてるの?顔が小さいって頭が小さいってこと?」と、あまり褒め言葉としては受け取られないようです。

 

海外では日本に比べて、美男美女の基準があまり統一的ではありません。

 

例として、まだら肌で有名の黒人モデル、ウィニー・ハーロウは、皮膚疾患で体に対照的な白いまだら模様ができていますが、海外ではそれが実に美しいとモデル業で引っ張りだこになっています。

 

小顔だから可愛い、となるのは日本ならではの感覚のようです。

 

小顔で有名な芸能人

 

同じアジアでは浸透している!

見つめ合う韓国人カップル

 

しかし、そんな小顔=かわいいという認識ですが、日本に近い韓国や中国などのアジア諸国ではやはり浸透しています。

 

少女時代などの韓国のK-popアイドルは、男性女性どちらとも顔がとても小さく、中でも人気アイドルとなると皆揃って小顔です。 

 

また、日本でもお馴染みの中国人モデル、アンジェラ・ベイビーは168cmの高身長にキリッとしたお顔立ちがとても印象的ですが、まず一目見て「顔が小さいな」と思うほど小顔です。

 

もちろん美の基準は各国で少しずつ違いますが、欧米やヨーロッパに比べて文化や見た目も少し似通っているので、華奢でかわいい印象を持たれやすいようです。

 

TOPへ